スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康

cfd6b1bd43a2e5046adf0b332a5b7361.jpg
 一体、何が健康に良くて何が健康に悪いのか――。そんなことに振り回されて余計にストレスを溜め、不健康になるのは馬鹿らしいと思った人も多かろう。

 米サウスカロライナ大学の専門チームらが、約4万4000人を対象に17年間にわたって追跡調査をした「コーヒーの飲用習慣」。その結果、55歳未満でコーヒーを1日平均4杯以上飲む人は、飲まない人に比べて死亡率が男性で1.5倍、女性では2.1倍に高まることが分かったというのだ。

 日本ではこれまでコーヒーに含まれるポリフェノールの一種に血圧降下作用があり、肝臓がんにかかりにくいとして、厚生労働省の研究班の“お墨付き”まであったはず。それが一編の疫学レポートによっていとも簡単に覆される。そして、人々はわずかな健康不安も解消しようと、次なる危険因子の排除に向かう。

「健康づくり運動は終わりのない異常探しで、アリ地獄のようなもの」と話すのは、健康社会学を専攻する香川大学教育学部教授の上杉正幸氏である。

「現代の健康づくりを支えているのは、『異常がないのが健康である』という価値観です。この風潮に乗ると、大きな異常がなくなると、次は小さな異常が気になり始めて、結局は異常がない健康には行き着かないというパラドックスに陥ります」(上杉氏)

 体に悪いといわれるものが取り沙汰される一方、健康に良いといわれる食品がもてはやされ、一大健康ブームを形成することもよくある。紅茶キノコ、ココア、ヨーグルト、赤ワイン……。最近ではダイエット効果があるとテレビで宣伝されたサバ缶が店頭から消えた。

 だが、それらもいつコーヒーのように悪者に転化してもおかしくない。

「かつてアガリスクが、がん抑制物質を含んでいると言われてブームになりましたが、その後、がん促進物質も含んでいると指摘されて、たちまちブームは去りました。でも、どんなに医学が進歩してもすべての危険因子を排除することは不可能ですし、慢性疾患を引き起こす老化を止めることはできません。

 例えば、動脈硬化の危険因子といわれているものの中には、喫煙、肥満、アルコールの多飲、運動不足などとともに、年齢が挙げられています。いくらタバコや酒をやめて運動をしたからといって、老化によって動脈硬化が起こりやすくなる事実は曲げようがないのです」(前出・上杉氏)

 こうしてみると、「あれはダメ、これもダメ」とヒステリックに異常のない生活を目指すよりも、ある程度の異常を受け入れて人生を充実させたほうが、むしろ精神的にも健康なのかもしれない。独協医科大学放射線科助教の名取春彦氏もこう話す。

「例えば健康にいいとされるウォーキングは、イヤな仕事で歩きまわればストレスが加わって自律神経系を乱します。それが度を越せば、循環器系、内分泌系、消化器系と身体の不調になって表れます。でも、彼女と休日に歩けば心地よい負荷となって精神にプラス効果をもたらす。食べ物やたばこなど嗜好品の有害議論も同じです。健康のバロメーターは人それぞれで、一部集団の利益のために情報が統制されるのはおかしなことなのです」

 たばこについては、禁煙目的の代替品として登場した「無煙たばこ」ですら発がん物質が含まれるとして、一部の識者らが危険性を呼び掛けている。

「健康に悪いという決めつけが定着すると、その観点のみで社会的排除が起こり、人がなぜそれを求めるのかを考える余裕が失われます。その代表がたばこです。どこまでも健康を求め、異常の排除に邁進する社会は、生きることの楽しさ・充実さを大切にしようとする姿勢や、それを受け止める寛容さを失っていきます」(前出・上杉氏)

 どんな健康情報が錯綜しようとも、日本人の平均寿命は83歳と延び続けている。ならば、いたずらに将来不安を募らせるよりも、健康とは何か、生きる意味とは何かをポジティブに考えたほうがよさそうだ。
                                         (newsポストセブン)
一体、何がいいのやら~  ですね!  
:あき:

マシュマロ

ah_marsh1.jpg
 コーヒーや紅茶に浮かべて溶かして飲みます。飲み物に溶かさずにそのまま食べることも可能。白にぶち模様のネコのマシュマロ2個とネコの手マシュマロ4個(バニラ2個、チョコ2個)がセットになっていて、かわいいクラフトボックスに入っています。チョコのマシュマロはコーヒーに入れるとカフェモカ風味になるそうです。
価格は840円。マシュマロ専門店やわはだの商品だそうです。

当店でもマシュマロコーヒーをメニューにのせていますが、コノ発想はありませんでしたw
:あき:

コーヒー豆価格

 世界3位のロブスタ種コーヒー生豆生産国であるインドネシアのコーヒー生豆輸出が、2年ぶりの低水準に落ち込むとの見方が広がっている。国内の加工業者が買い入れを増やしているほか、降雨の影響で収穫高が減少すると予想されているためだ。
 インドネシアのコーヒー生豆輸出は前年比で14%減少し38万5000トンとなる見込み。インドネシア中央統計局のデータによると、予想通りなら2011年以来の低水準。調査では、生産高は10%減少し59万5000トンになるとみられている。
 da885ta.jpg
 インドネシアの輸出減少によりロブスタ種の価格下落が鈍化する可能性がある。ベトナムとブラジルの供給が急増する中、NYSE・LIFFE(ロンドン)のロブスタ種コーヒー先物は5カ月ぶりの高値に達した3月以降、16%下落した。ロブスタ種はインスタントコーヒーの原料となる。
農作物ですから仕方がない部分はありますが・・・
:あき:

純喫茶

001.jpg

・国内コーヒー店のパイオニア的存在の店・
「丸福珈琲店 千日前本店」 。昭和9年(1934)創業という老舗中の老舗珈琲店だ。コーヒーがまだ日本では希少だった当時、初代オーナーが独自に研究を重ね、焙煎(ばいせん)からブレンド、そして抽出方法から抽出器具まで自ら考案。そうして生み出されたオリジナルコーヒーが現在も引き継がれている。
その非常に濃厚でコク深い味わいは有名で、世代を超えて根強く支持される名物コーヒーとなっている。また、ブレンドコーヒー(520円)のほかにも、ホットケーキ(550円)をはじめとしたスイーツや自家製珈琲ゼリー(550円)なども人気だ。
外観にもレトロな風情が漂う丸福珈琲店。独自の器具と製法によって淹れられる濃いコーヒーは、創業時からの味を守り続けている。
今や数多くの店舗を展開している丸福珈琲だが、なかでも千日前本店の歴史を感じさせる佇(たたず)まいは格別だ。千日前通りから相合橋筋というアーケード街に入ってすぐのところにあり、2フロアある広い店内はヨーロッパ調のアンティークな調度品や内装で統一。つい長居してしまいたくなる、実に落ち着ける雰囲気となっている。
ちなみに同店は、田辺聖子の小説の舞台としても登場しており、何と昭和天皇にコーヒーを献上した経歴もある。

・レトロゴージャスな喫茶店でホットケーキと・
 大阪ミナミの繁華街中心部、道頓堀筋からほど近くにあるのが、戦後間もない昭和21年(1946)創業の「純喫茶 アメリカン」。
 今も店構えや広い店内の内装は昭和レトロな雰囲気たっぷりで、どこか“デパートの食堂”といった趣も感じられる。ちなみに、当時は敗戦国ということもあって「アメリカン」という名前を使用できず、“花月”という屋号で営業していたそうだ。
 ブルーマウンテンやハイマウンテンなど8種の豆を使用したブレンドコーヒー(530円)に加え、この店で是非注文しておきたいのが「特製ホットケーキ(550円)」。数種の小麦粉をミックスして特製銅板で焼き上げたこだわりの逸品で、フンワリとした食感と、玉子とバターの香りが口の中いっぱいに広がる同店一番の名物メニューだ。
 そのほか、もも肉のみを使用したビーフカツサンド(1,250円)なども人気で、軽食が充実しているのもここの特徴である。
 アメリカンはエレガントなネオクラシック調。オリジナル銅板で焼き上げた特製ホットケーキ(550円)は、今なおファンが増え続けている。
ところで、店名に冠せられている“純喫茶”という言葉だが、かつての日本では「カフェー」と呼ばれる女給が客の相手をして酒も提供する、今で言うキャバクラのような「特殊喫茶」という業態が存在していた。その「特殊喫茶」と区別し、より健全性をアピールするために生まれた言葉が“純喫茶”で、昭和50年代前半頃までは街中で結構目にしていた言葉である。

・大阪名物・元祖ミックスジュース発祥の店・
 さて、大阪において東京・浅草のような昭和レトロな“昔の歓楽街”の雰囲気に溢(あふ)れているのが、通天閣のお膝元・新世界界隈だ。その新世界と、かつての遊郭・飛田新地をつないでいたジャンジャン横丁という商店街にて、昭和23年(1948)から営業を続けているのが「千成屋珈琲店」だ。
 もともと青果店を営んでいたのだが、熟しすぎた果物を店頭から引き上げ捨てるのはもったいないと、ミキサーにかけてジュースで売りだしたところ、これが「うまい」と評判に。これをきっかけに喫茶店に転業し、以来、地元民の憩いの場として親しまれてきた。
 リンゴやバナナなど数種の果物に少し牛乳を加えてミキサーですり潰したミックスジュースは、とろみがありながらもスッキリとした味わい。東京ではあまりなじみがないかもしれないが、大阪では比較的ポピュラーなドリンクのひとつなのだ。
 千成屋はそのミックスジュースの元祖とも言える店で、「牛乳抜き」や「甘さ控えめ」といった要望にも対応してくれる。このミックスジュースを始め、マイルドな味わいのコーヒー(350円)、そしてママさんの親しみやすい人柄やアットホームな店の雰囲気が魅力の喫茶店である。

セルフサービススタイルのシアトル系カフェチェーン店が日本中に浸透し、コーヒーショップの主流となっている昨今!
しかし新に、昔ながらの“喫茶店”がブームになっています。
わたしも純喫茶が好きで今回紹介されている大阪の有名店はよく足を運びます。
新にブームになっても新に作ることはできませんが・・・
:あき:

以前紹介した像の・・・

444984p.jpg
サンクトガーレンは4月1日のエイプリルフールを記念し、象の排泄物からつくる高級コーヒー「ブラックアイボリー」を副原料に使用した黒ビール「うん、この黒」を限定販売した。価格は3本セット2,200円、6本セット3,750円(ともに送料込)。4月1日13時10分現在、ネットショップ販売分は終了している。
 同商品に使われている「ブラックアイボリーコーヒー」は、象のエサにコーヒーの実を加えて食べさせ、その排泄物から未消化の実を取り出し、洗浄、乾燥、焙煎したもの。コーヒーの苦味のもととなるたんぱく質が象の消化酵素によって分解され、滑らかでマイルドな味わいになるといわれている。
 象の飼育にコストがかかることに加え、33Kgの実を食べさせ1Kgの製品にしかならないことから「世界最高級のコーヒー」とよばれ、同社では今回、35g当たり約10,000円で購入したという。
 また、ブラックアイボリーコーヒーの香りだけではなく風味もだすために、工場で挽いたものをスタウトの熟成タンクに投入。水出しアイスコーヒーのように、ブラックアイボリーから抽出した香り・風味を溶け込ませるように仕上げている。  (著:マイナビウーマン編集部)

う~ん・・・  
:あき:


プロフィール

:あき:

Author::あき:
水の時計ブログ「寛ぎ時間」へ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。