スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朗報!?

a0001_011725_m.jpg
  コーヒー愛飲家にとっては嬉しい研究結果が報告された。コーヒーには、口腔がんや咽頭がんになるリスクを半減させる効果があるという。しかも、その効果はアルコールやタバコの摂取量に関わらず有効とのことで、酒好きやタバコ好きにとっても嬉しい報告である。
 米国がん協会の研究者チームが、1982年に開始されたがん予防に関する研究データをもとに調査を行った。当時、この研究のために100万人に及ぶ人々のデータが集められており、今回の結果はこの膨大な記録から導き出されたものである。
 研究開始から現在までの30年のあいだに、口腔がんもしくは咽頭がんで亡くなった人は868人だったそうだ。研究チームは、この868人の食生活と30年間一度もがんにかかることなく現在も生存している人々の食生活とを比較した。
 その結果、両者の違いがもっとも顕著だったのは、コーヒーを習慣的に飲んでいるか否かであることが判明。一日4杯以上コーヒーを飲む人は、まったく飲まない人もしくは少量しか飲まない人に比べて49パーセントもがん発症率が低くなっていたのだ。
 さらに、コーヒーが持つこの効果は飲酒量や喫煙量に関わらず期待できることもわかったとのこと。ちなみに、これはカフェインを含んだ通常のコーヒーで得られる効果だ。カフェイン抜きのコーヒーでも同じような作用は期待できるものの、その効果はカフェイン入りのものよりも低かったという。
 研究者らによると、「今回の結果を踏まえると、口腔がんや咽頭がん予防の原因となっているのはカフェインではなく、コーヒーに含まれる他の抗酸化物質である可能性が高いです。しかし、いずれにしてもコーヒーには健康を促進する成分が多く含まれており、それらががん予防にも効果を発揮していることは確かなようです」とのこと。
 好きなコーヒーを毎日飲んでいるだけなのにがん予防にもなっていたとは、コーヒーファンにはたまらない朗報である。

コーヒーを飲んだら癌になるって、昔の迷信ですね。
:あき:

中国の事情

mcb1211210504017-n1.jpg
 中国では、欧米風の高級志向を求める中産階級が台頭する中、1杯ずつ抽出するタイプの高級コーヒー、いわゆる「シングルサーブコーヒー」の人気が高まりつつある。急成長が見込まれる中国の高級コーヒー市場に、欧米の食品・コーヒー関係大手が熱い視線を注いでいる。

 コーヒーの粉が詰まったカプセルを使ってシングルサーブコーヒーを手軽に作れる「カプセル式コーヒーメーカー」を中国市場に投入する企業も増えている。食品世界最大手、スイスのネスレは2007年に中国で、同社のカプセル式コーヒーメーカー「ネスプレッソ」の販売を開始。現在、中国における高級コーヒーの需要拡大に向け準備を進めている。アナリストによれば、中国は12年末までに、ネスレにとり米国に次ぐ世界第2の取引相手国になり、中国市場の売上高は50億スイスフラン(約4300億円)に達する見通しだ。

 コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックスは今年4月、13年に同社のカプセル式コーヒーメーカー「ベリズモ」を中国市場へ投入する計画を発表。米食品大手、モンデリーズ・インターナショナルも同社開発の「タッシモ」の中国導入を検討している。

 1人当たりのコーヒー年間消費量は、フランスで604杯に上るのに対し、中国ではわずか3杯に過ぎない。しかし上海などの都市部では、拡大する中産階級の間で欧米の高級品需要が急増中で、アナリストらは中国中産階級の消費者数は30年までに5倍に増えるとみている。

中国の需要がますます拡大していきます。
:あき:

コーヒー汎用豆価格

 インスタントコーヒーなどに使われる汎用のコーヒー豆、ロブスタ種の国際価格が下落している。指標となるロンドン市場の先物価格は6日、1トン1903ドルと直近高値の10月初めから1割超下がり、約9カ月ぶりの安値水準となった。レギュラーコーヒーに使われるアラビカ種も約5カ月ぶりの安値となっている。    ~日本経済新聞~

輸出が増加しているロブスタ種の産地、ベトナムが注目ですね。
:あき:

進化してます!

アプリックスは、10月2日から開催されている CEATEC JAPAN 2012の同社ブースにおいて、スマートフォン経由で操作ができるコーヒーサーバー「スマホにつながるコーヒーメーカー」の出展を発表した。
 スマホにつながるコーヒーメーカーは、スマートフォン経由で豆の蒸らし時間やお湯を注ぐ回数などを操作できるコーヒーメーカー。コーヒーだけでなく、お茶の葉を蒸らして淹れたり、アロマやドライアイスの霧を焚くといった使い方も可能だという。さらにネットと連動させることで、コーヒーを飲んでいる時間帯や頻度、コーヒー豆の淹れ方を発信することも可能。
 さらに、コーヒーメーカー使用時には湯沸かしポットや加湿器を休止させるといった、他の機器との連携もスマートフォンアプリ経由でできるようになるという。これらの新機能も同社展示ブースで観覧可能。
                                           読売新聞
すっすごい・・      
:あき:

UCCブルボンポワントゥ2012

1349226677.jpg
UCC上島珈琲は、10月1日の“コーヒーの日”に合わせ、「UCCブルボンポワントゥ2012」の販売記念イベント「発売5周年記念『BOURBON POINTU2012』お披露目会」を都内で開催した。同商品は、同日から500個限定のプレミアムパッケージで販売されている。
「ブルボンポワントゥ」とは、フランス国王のルイ15世や、文豪バルザックまでをも魅了したと言われる“幻のコーヒー”。「ポワントゥ」とはフランス語で「尖った」の意味で、実際のコーヒー豆も、通常の豆が丸みを帯びた形状をしているのに比べ、豆の先が尖った形状をしているという。同社ではこのコーヒーを、1年に1度、数量限定で販売している。
今回のイベントでは、元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんがゲストとして登場。フランス王朝を意識した華やかなドレス姿で登場した杉山さんは「普段は中々こんなヘッドアクセサリーを着ける事はございませんが色々と意識してみました。」とコメント。また司会者からの「現役時代や現在もコーヒーはよく飲まれますか?」という質問に対して「もちろん!現在は現役時代よりもリラックスしていますし、精神定期も落ち着いて飲む事ができますね。現役時代は朝起きた時に目を覚ますためにコーヒーを飲んで、練習などが終わった時に一日を締めくくる時に飲んでと、一日の始めと終わりに飲んでいましたね。」と答え、現役時代と現在とでは、コーヒーを飲む場面が変わったことを明かした。
その後、ステージで「ブルボンポワントゥ」をテイスティングした杉山さんは「何でしょうこの香り!病みつきになってしまったら恐いですね!(笑)味も今まで飲んだことないほど美味しいです。甘みもあるんですが程よい酸味もある感じでとても美味しいです!」と、その香りや味についての感想を語った。
なお、今回発売された「UCCブルボンポワントゥ2012」は、発売5周年を記念して、今年初めてパッケージに“陶器”を使用。フランスの香りを感じさせるロココ調のデザインをあしらい、テーマカラーにはレユニオン島の海や空を彷彿とさせるパステルブルーを採用している。 価格は8,400円(税込)。販売数は500セットで、無くなり次第終了となる。

10月1日はコーヒーの日でした。  皆さん美味しいコーヒーを飲まれましたか?
:あき:
プロフィール

:あき:

Author::あき:
水の時計ブログ「寛ぎ時間」へ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。