スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国のコーヒー需要

md6.jpg
アラビカコーヒー市場がアジアで最も成長している韓国が、ブラジルコーヒー豆輸出業者に注目されている。2月8日、環球網が伝えた。
韓国のコーヒー店は昨年、2006年水準の9倍にあたる1.5万店まで増えた。高価格帯の商品も受け入れられつつあり、ニューヨークと変わらない1杯1万ウォンのコーヒーも人気がある。
ブラジル農業部のコーヒー業務担当者によると、韓国のコーヒー豆焙煎商は米国業者より3倍高い価格で買い取るという。
ブラジルコーヒー輸出理事会のブラガ理事長は、「今後5年でブラジルの対韓国コーヒー豆輸出は毎年4.5%増えるだろう。一方でアジア最大のコーヒー市場である日本の輸出伸び率は1%に満たない」と指摘した。韓国のコーヒー豆のシェアはベトナムが30%とトップで、ブラジルが20%で続いている。
ブラジルの昨年の対韓国コーヒー豆販売量は32.6万袋で、対日本の260万袋には遠く及ばないが、ブラジルコーヒー行公会の佐藤会長は、5年以内に日韓の販売量が並ぶとみている。

コーヒー消費国やアラビカ種の需要が拡大しています。今後の行く末の見極めが必要です。
:あき:
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

:あき:

Author::あき:
水の時計ブログ「寛ぎ時間」へ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。