スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエーブ

20131122-113992-1-N.jpg
 コーヒーを、豆の産地や、手作業で入れるハンドドリップにこだわって味わうスタイルが注目されている。
 同じ産地でも農園による違いを楽しむなど、より深く味わいを追究するのが最近の特徴。流行は「サードウエーブ(第三の波)」とも呼ばれている。
 サードウエーブは、アメリカで火が付いた。産地ごとに異なる豆の味わいや、コーヒーメーカーではなく、ハンドドリップなどの1杯ずつ丁寧な抽出方法にこだわる趣向だ。1960~70年代のコーヒーの大量消費の時代が「第一の波」、80~90年代からの、スターバックスなどチェーン店によるエスプレッソコーヒーにミルクなどを加えて飲む「シアトル系コーヒー」の時代が「第二の波」とされる。
 豆の産地表記や、ハンドドリップは、日本の昔ながらの喫茶店では珍しくない。「アメリカでは、機械抽出でないスローな手作業が新鮮に受け止められた。日本の若い人にも珍しく映るようです」と森さん。いわば日本への「逆輸入」だ。加えて、生産農園を知って豆を買いたい、焙煎(ばいせん)方法や入れ方を追究したいという傾向も強くなっているという。
 「豆の種類やお湯の注ぎ方で味わいが変わる奥深さや繊細さ、ゆったりとした時間が魅力。こだわりの一杯を入れてみては」とUCC上島珈琲の森さんは話している。             読売新聞

 ゆっくり丁寧に抽出する過程がコーヒーを味わい深くします。
:あき:
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

:あき:

Author::あき:
水の時計ブログ「寛ぎ時間」へ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。