スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の事情

mcb1211210504017-n1.jpg
 中国では、欧米風の高級志向を求める中産階級が台頭する中、1杯ずつ抽出するタイプの高級コーヒー、いわゆる「シングルサーブコーヒー」の人気が高まりつつある。急成長が見込まれる中国の高級コーヒー市場に、欧米の食品・コーヒー関係大手が熱い視線を注いでいる。

 コーヒーの粉が詰まったカプセルを使ってシングルサーブコーヒーを手軽に作れる「カプセル式コーヒーメーカー」を中国市場に投入する企業も増えている。食品世界最大手、スイスのネスレは2007年に中国で、同社のカプセル式コーヒーメーカー「ネスプレッソ」の販売を開始。現在、中国における高級コーヒーの需要拡大に向け準備を進めている。アナリストによれば、中国は12年末までに、ネスレにとり米国に次ぐ世界第2の取引相手国になり、中国市場の売上高は50億スイスフラン(約4300億円)に達する見通しだ。

 コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックスは今年4月、13年に同社のカプセル式コーヒーメーカー「ベリズモ」を中国市場へ投入する計画を発表。米食品大手、モンデリーズ・インターナショナルも同社開発の「タッシモ」の中国導入を検討している。

 1人当たりのコーヒー年間消費量は、フランスで604杯に上るのに対し、中国ではわずか3杯に過ぎない。しかし上海などの都市部では、拡大する中産階級の間で欧米の高級品需要が急増中で、アナリストらは中国中産階級の消費者数は30年までに5倍に増えるとみている。

中国の需要がますます拡大していきます。
:あき:
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

:あき:

Author::あき:
水の時計ブログ「寛ぎ時間」へ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。