スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国事情

1年間に338杯。 関税庁が昨年のコーヒー輸入量を基準に韓国の成人1人当たりのコーヒー消費量を推定した数値だ。 1年間ほぼ毎日飲んでいるということだ。
 27日の関税庁によると、昨年のコーヒー輸入金額は7億1700万ドル。 これは5年前に比べて210.7%増、1年前に比べて72%増。 成人1人当たりの年間コーヒー消費量も2007年は247杯だったが、2010年には309杯、2011年には338杯に増えた。 「コーヒー10グラム=1杯」で計算している。
 輸入コーヒーの89%は豆の状態で入る。 生豆は主にコーヒーミックス、チョコレートの原料、またはローストして原豆として販売される。 生豆輸入量全体の3分の1が価格が安いベトナム産だ。 ベトナム産生豆価格は1キロ当たり2.24ドルで、ブラジル産(5.02ドル)やコロンビア産(6.24ドル)に比べてはるかに安い。
 最近はローストされた原豆の輸入が増えている。 主にコーヒー専門店で販売される製品だ。 原豆は主に米国(37.6%)、イタリア(15.5%)、ブラジル(10.4%)から輸入されている。 アメリカンコーヒー1杯(原豆10グラム)基準で原豆輸入原価(税前)は米国産が149ウォン、最も高いスイス産原豆が517ウォン。
 コーヒーミックスやコーヒーマシン用カプセルコーヒーなど粗製品の輸入も09年以降、増加傾向にある。 こうした製品はブラジル・スペイン・中国から主に輸入されている。         (中央日報)
 
知りませんでした。 皆様はどうですか?
:あき:
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

:あき:

Author::あき:
水の時計ブログ「寛ぎ時間」へ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。