スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリスタ

■コーヒーの味 独学で追究

 コーヒーの味や香り、抽出や接客の技術などを競う「UCCコーヒーマスターズ2012」決勝大会のエスプレッソ部門で、神戸市在住の三木敦子さん(25)が見事、初優勝を飾った。「UCCフードサービスシテム」(東京都港区)が経営する「カフェラ大丸神戸店」(神戸市中央区)に勤務し、日々腕を磨いてきたほか、コーヒーにサトウキビのペーストを加えるなど独自の味を編みだし、3度目の挑戦でつかんだ栄冠。若き女性バリスタ(コーヒー専門家)は「楽しみながら、練習してきた味をしっかり出せた」と最高の笑顔で勝利を喜んだ。

                  ◇
今大会の予選にはエスプレッソ、ペーパードリップ、サイフォンの3部門に全国の喫茶店やカフェのバリスタ計181人が出場。決勝大会は8、9の両日、神戸ハーバーランドセンタービルで行われ、予選を勝ち抜いた各部門の30人が15分の持ち時間で10人の審査員に4杯ずつのコーヒーを提供し、その味や技術、動きなどを厳しく審査された。
過去2年連続で予選敗退していた三木さんが今回、特に力を入れたのが、出場者が独自の発想で選んだ食材をコーヒーと組み合わせる「シグニチャードリンク」。エスプレッソの甘みを表現したいと、試行錯誤の末、ペースト状にした沖縄産サトウキビを混ぜたところ、「時間とともに甘みが変化し、おもしろい」と自信を持てる味を作り上げた。
さらに、「(過去2年は)抽出の技術ばかりに目がいっていたが、バリスタとして大事なのは、コーヒーを通じてお客さまに自分の思いをどれだけ伝えられるかということ」と、これまで以上に作業に集中。笑顔を絶やすことなく、スムーズな動きでコーヒーを作り、高い評価を得た。
三木さんは「コーヒーと、コーヒーを飲んでお客さまが笑顔になる空間が好きだった」と大学卒業後、迷わず、現在の会社に就職。すぐにカフェラ大丸神戸店に配属された。最初の1年半はホールでの注文取りや掃除など“見習い”の日が続いたが、早く一人前のバリスタになりたいと、営業時間外に独学で勉強を重ねたという。「コーヒーを飲んでおいしいと思ってもらって、素敵な時間を過ごしてほしい」と、三木さんは客の笑顔のため、今日もまたカウンターに立ち続ける。       (産経ニュース)

 仕事に向かう姿勢がすばらしいと思います。刺激を受けました。
:あき:

 

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【バリスタ】

■コーヒーの味 独学で追究 コーヒーの味や香り、抽出や接客の技術などを競う「UCCコーヒーマスターズ2012」決勝大会のエスプレッソ部門で、神戸市在住の三木敦子さん(25)が見事、初優勝を飾った。「UCCフードサービスシテム」(東京都港区)が経営する「...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

:あき:

Author::あき:
水の時計ブログ「寛ぎ時間」へ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。