スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店の顔

本日は休日なので、久しぶりに自分の時間をとって
過ごすことにし、趣味になっている古本屋めぐりを
することにした。
郊外によくある大型のリサイクルショップではなく、
商店街の端、もしくは通りから外れた場所にある
古書などを置いている‘古本屋’さんである。
車をパーキングにとめ商店街を抜けて目的の
場所へ向かう途中その町の風景がずいぶん
様変わりしていることに気づく。
いわゆる、空き店舗が目立ち、それでも新規開業した
お店があり、しかしそれは飲食や服飾が大半で、
これまでの少し歴史を感じる個人商店と新規参入してきた
若い店主もしくはフランチャイズが入り混じった状態に
なっているのである。
全国各地でこのような状態になっているのだろうとは
思いつつも何か釈然としない。
目的のお店で、探していたノベルスを見つけ、本日の予定は
コレで終了と、ふたたび商店街を引き返す途中ここいらで
昼食をとることにした。
なぜなら点在してではあるが新しく出来た飲食店の店構えが
明るく、清潔感があり商品の説明看板を見ていると
食欲をそそられるからである。
そのなかにあるチェーン店のお店で食券を購入し席につくと
お店の中で様々な工夫が見られた。
それはお客様の立場で「こうあればよい」と言う思いを叶えてくれる
細かな気配りであり、お店のアピールである。
よく考えられているのである。
そしてなにより、店員が元気よく、ハキハキと、威勢よく行われる
その接客対応がなにより気分がいい!
マニュアル通りに行われているのであるが、笑顔や態度に
やらされている感が無い。おのおの意識をもってされるその接客に
気持ちよさ、元気をいただけた気がした。
熱く、エネルギッシュにあふれるその熱は店を出た後も心地よさが
続く・・・
私は、ふれあいがあるなじみの店を好んで行き、大衆的な特に
流行の新規店は業務的で、無愛想で、味わいの個性がなくて・・・と
思っている所があったのだが、そうではない。
野心を持っている店主達は情勢や地域やお客のことをよく考え。
精力的である。
この商店街の現状を見た私はよき時代が終わり、すたびれた
現状にあがき、細々と活性を図っているが効果が続かないだろうと
思っていた。
しかし考えてみればこの後も時代は流れていく。
多少ぎこちなく不自然な現状は、もしかしたら
今後展開されていく新たないち時代の幕開け・序章なのかも知れない。
大げさだが、今後の行く先は誰にもわからないわけだから・・・
これだけで今日は、何気ない一日であったが十分満足した。
そして私も私なりの接客をしお客様に良き一日を提供しようと
軽く心に留めた。
:あき:
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

:あき:

Author::あき:
水の時計ブログ「寛ぎ時間」へ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。