スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康

cfd6b1bd43a2e5046adf0b332a5b7361.jpg
 一体、何が健康に良くて何が健康に悪いのか――。そんなことに振り回されて余計にストレスを溜め、不健康になるのは馬鹿らしいと思った人も多かろう。

 米サウスカロライナ大学の専門チームらが、約4万4000人を対象に17年間にわたって追跡調査をした「コーヒーの飲用習慣」。その結果、55歳未満でコーヒーを1日平均4杯以上飲む人は、飲まない人に比べて死亡率が男性で1.5倍、女性では2.1倍に高まることが分かったというのだ。

 日本ではこれまでコーヒーに含まれるポリフェノールの一種に血圧降下作用があり、肝臓がんにかかりにくいとして、厚生労働省の研究班の“お墨付き”まであったはず。それが一編の疫学レポートによっていとも簡単に覆される。そして、人々はわずかな健康不安も解消しようと、次なる危険因子の排除に向かう。

「健康づくり運動は終わりのない異常探しで、アリ地獄のようなもの」と話すのは、健康社会学を専攻する香川大学教育学部教授の上杉正幸氏である。

「現代の健康づくりを支えているのは、『異常がないのが健康である』という価値観です。この風潮に乗ると、大きな異常がなくなると、次は小さな異常が気になり始めて、結局は異常がない健康には行き着かないというパラドックスに陥ります」(上杉氏)

 体に悪いといわれるものが取り沙汰される一方、健康に良いといわれる食品がもてはやされ、一大健康ブームを形成することもよくある。紅茶キノコ、ココア、ヨーグルト、赤ワイン……。最近ではダイエット効果があるとテレビで宣伝されたサバ缶が店頭から消えた。

 だが、それらもいつコーヒーのように悪者に転化してもおかしくない。

「かつてアガリスクが、がん抑制物質を含んでいると言われてブームになりましたが、その後、がん促進物質も含んでいると指摘されて、たちまちブームは去りました。でも、どんなに医学が進歩してもすべての危険因子を排除することは不可能ですし、慢性疾患を引き起こす老化を止めることはできません。

 例えば、動脈硬化の危険因子といわれているものの中には、喫煙、肥満、アルコールの多飲、運動不足などとともに、年齢が挙げられています。いくらタバコや酒をやめて運動をしたからといって、老化によって動脈硬化が起こりやすくなる事実は曲げようがないのです」(前出・上杉氏)

 こうしてみると、「あれはダメ、これもダメ」とヒステリックに異常のない生活を目指すよりも、ある程度の異常を受け入れて人生を充実させたほうが、むしろ精神的にも健康なのかもしれない。独協医科大学放射線科助教の名取春彦氏もこう話す。

「例えば健康にいいとされるウォーキングは、イヤな仕事で歩きまわればストレスが加わって自律神経系を乱します。それが度を越せば、循環器系、内分泌系、消化器系と身体の不調になって表れます。でも、彼女と休日に歩けば心地よい負荷となって精神にプラス効果をもたらす。食べ物やたばこなど嗜好品の有害議論も同じです。健康のバロメーターは人それぞれで、一部集団の利益のために情報が統制されるのはおかしなことなのです」

 たばこについては、禁煙目的の代替品として登場した「無煙たばこ」ですら発がん物質が含まれるとして、一部の識者らが危険性を呼び掛けている。

「健康に悪いという決めつけが定着すると、その観点のみで社会的排除が起こり、人がなぜそれを求めるのかを考える余裕が失われます。その代表がたばこです。どこまでも健康を求め、異常の排除に邁進する社会は、生きることの楽しさ・充実さを大切にしようとする姿勢や、それを受け止める寛容さを失っていきます」(前出・上杉氏)

 どんな健康情報が錯綜しようとも、日本人の平均寿命は83歳と延び続けている。ならば、いたずらに将来不安を募らせるよりも、健康とは何か、生きる意味とは何かをポジティブに考えたほうがよさそうだ。
                                         (newsポストセブン)
一体、何がいいのやら~  ですね!  
:あき:
スポンサーサイト

コーヒーやお茶の抗酸化物質に健康効果なし?

food-coffee-saucer.jpg
コーヒーや紅茶に含まれる抗酸化物質には認知症や脳卒中のリスクを下げる効果が期待できるとされているが、そんな「通説」に疑問符を突きつける論文が20日、「ニューロロジー」誌電子版で発表された。
この研究は55歳以上の約5400人を14年近く継続して観察。対象者は調査開始時点で認知症の徴候がなかったほか、対象者のほとんどは脳卒中の病歴もなかった。170品目の食品について過去1年間にどのくらい摂取したかをアンケートし、食品中に含まれた抗酸化物質の量に応じて3つのグループに分けた。
研究開始以降、認知症と脳卒中を発症した人はそれぞれ約600人。だが抗酸化物質が豊富に含まれる食生活を送っていた人とそうでない人の間で、発症のリスクに違いはなかったという。
抗酸化物質を豊富に含む食品としてはブルーベリーやトマト、ケールなどが知られている。だが論文の著者の1人、ハーバード大学医学大学院のエリザベス・デボア専任講師によれば、研究に協力した人々が摂取した抗酸化物質のうち、最も多かったのはコーヒーや紅茶由来のものだった。
デボア専任講師は「認知症や脳卒中のリスクを下げる効果は抗酸化物質の総摂取量よりも、抗酸化物質の種類や主にどんな食品から摂取するかによって異なる可能性がある」と指摘する。
専門家によれば抗酸化物質と一口に言っても性質はさまざまで、この論文で果物や野菜に含まれる抗酸化物質の予防効果までが否定されたわけではないという。
実際、果物や野菜、一部のアルコール飲料を多く摂取することが脳卒中のリスクを下げる可能性を示す証拠は複数、見つかっている。

認知症と脳卒中は皆さん関心の高いところです。解明が進むといいですね。
:あき:

コーヒー&焼酎

 UCC-100x150.jpg
景気低迷のせいか、ここ数年で圧倒的に増えたという“家飲み”派。ライフメディアのリサーチバンクの調査では「1年前に比べて、家飲みの頻度が上がった」という回答が21%にものぼった。そんな家飲み派に人気の酒といえば、ビール類、そしてチューハイなどが代表的なものだが、近頃は、その傾向に変化が見えはじめている。
 会社帰りにスーパーやコンビニで買える材料を使ったカクテルとおつまみのレシピを紹介した『コンビニ部屋カクテル』を執筆した、銀座の名バーテンダー酒向明浩氏はいう。「できあいのものではなく、自宅でひと手間加えて家飲みを楽しむ人が増えています。そのおかげで、いまホワイトスピリッツ類やそれを割るものとしてのジュースなどの副材料の販売も伸びているようです」
 そしていま家飲み派のあいだでふたたび脚光を浴びているものがある。その一つが「コーヒー焼酎」だ。数年前にタレントの哀川翔が、テレビで紹介し話題になったことでも知られるあれだ。焼酎のボトルにコーヒー豆を漬けこんで、4~5日寝かせれば出来上がる。ほのかな苦みと香ばしさが特徴で、九州や沖縄の飲食店などではオリジナルのコーヒー焼酎を出す店も少なくないという。
 トータル飲料コンサルタントで焼酎きき酒師でもある友田晶子氏も、コーヒー焼酎を愛飲する一人だ。
 「わたしも自宅でオリジナルのものを作っていました。梅酒と同じ感覚ですね。カルーアなどの濃厚なコーヒーリキュールを使ったお酒は食後に飲むものが多いのですが、コーヒー焼酎はさっぱりとして食中酒としても楽しめる。焼き鳥などの炭火焼きや、鱈の西京焼きなど脂ののった魚と合わせても、よりおいしいと思います」
 とはいえ、焼酎にコーヒー豆を漬けこむという手間が必要なため、飲みたいときにすぐに飲めないという弱点も。そこで、より手軽な缶コーヒーを利用する方法が注目を浴びている。使う缶コーヒーについて友田氏は「焼酎はシンプルな味わいのお酒ですから、合わせるコーヒーは香りを感じられるブラックがいいですね」と語る。

 ちなみに焼酎のコーヒーの組み合わせは、健康面からみても相性が良いようだ。友田氏は語る。
「焼酎にはウロキナーゼという血液をさらさらにする酵素を増やす効果があり、悪酔いしないともいわれます。一方でコーヒーには、利尿作用や覚醒作用、アルコールの分解促進や、脂肪分解作用が期待できるので、健康面でも焼酎との相性もいい。ブラックであればカロリーもゼロですし」  ただし、飲みすぎにはご注意を。

上記の理由で、最近ブームになっているようです。
:あき:

ベトナム

 121022032841.jpg
 国際コーヒー機関(ICO)の報告によると、ベトナムの2011年~2012年シーズンにおけるコーヒー生産量と輸出売上高は、ともに大きく増加した。16日付ガフィンが報じた。
 ICOは2011年~2012年シーズンにおける全世界のコーヒー生産量を約1億3430万袋(1袋=60キロ)と発表。生産量トップは依然としてブラジルだが、前シーズンと比べると生産量は▲9.6%減少した。一方、ホンジェラス、ペルー、ベトナムなど他のコーヒー輸出国は生産量を大幅に伸ばしている。
ベトナムはコーヒー輸出を開始した1990年~1991年シーズン以降、生産量を着実に伸ばしている。2011年~2012年シーズンにおけるコーヒー生産量は同15.6%増の2250万袋で、過去最高を記録した。また、生産量のうち9割以上が輸出された。

ベトナムは単にコーヒーを栽培・輸出している国ではなく,コーヒーの消費国としても有名なんですよ。
:あき:

コーヒーと心不全

coffeegraph.gif
コーヒーと心不全の関連についての報告は多いが、ほとんどの研究は科学的根拠を強く証明するものではない。米ハーバード大学医学部のElizabeth Mostofsky氏らは、質の高い研究のメタ解析を行い、コーヒーを1日4杯飲むと心不全リスクが最小となるが、10杯以上ではリスクが上昇していたと、6月26日付の米医学誌「Circulation: Heart Failure」に報告した。
 Mostofsky氏らは、1996~2011年に発表されたコーヒー消費と心不全の関連についての研究を抽出。研究の質が高く、追跡期間が長い5研究(参加者14万220人、心不全発生6,522件)のメタ解析を行った。
 4研究はスウェーデン、1研究はフィンランドで行われたもので、これらの地域で消費されるコーヒーのほとんどはカフェイン入り。欧州ではコーヒー1杯の標準的な量は125~150ミリリットルと米国の標準量(250ミリリットル)より小さいが、米国のものより一般的に濃い。
 解析の結果、コーヒー消費と心不全の間にJ字型の関連が確認された。1日のコーヒーを消費が1杯未満の場合と比べた心不全リスクは、1~2杯未満で4%減、2~3杯未満で7%減、3~4杯未満で10%減と、飲む量が多いほどに低下。4~5杯未満(11%減)が最もリスクが低かったが、10~11杯未満では逆に1%増、11杯で3%増とリスクが上昇した。

適量が大事ですね。
:あき:
プロフィール

:あき:

Author::あき:
水の時計ブログ「寛ぎ時間」へ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。